無人駅で


松本行きの普通列車が新府駅に到着した。
列車のドアを開けた車掌は、乗客より素早く下車して出口前で乗車券を受け取る。


発車時刻になったら、乗降客が残っていないのを確かめて、発車ベルのボタンを押す。


車掌室に戻りながら、ホームの安全を指差し確認。
この後列車に乗ってドアを締め、発射の合図を運転士に送る。
車掌の仕事は秒刻みでなかなか忙しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です