赤レンガ倉庫前の車たち 4


「赤レンガ倉庫前の車たち 3」の続き。今回はフェアレディZを集めた。
輸出仕様の DATSUN FAIRLADY Z。エンジンが2,400ccだった。(日本では2,000cc)


国内仕様に輸出用の2,400ccを積んで、バンパーまでのロングノーズとオーバーフェンダーを装備した240ZG。もちろん「3」ナンバー。


「Gノーズ」を普通の2リットルZに取り付ける社外パーツもあったが、ナンバーが「5」なのですぐにバレる。写真は本物の240ZG。


スカイラインGT-Rと同じ6気筒DOHCのS20型エンジン搭載の「Z432」だ。ボディーは2,000ccZと同じだが、性能は段違い。


Z432のボディサイドのエンブレム。432とは、4 バルブ・3 キャブレター・2 カムシャフトの意味。LSDやマグネシウムホイールが標準装備。
写真の車はエンジンフードがつや消し黒で、競技用ベース車として更に軽量化された「432R」に見える。

次回に続く。

“赤レンガ倉庫前の車たち 4” への2件の返信

  1. こんばんは。
    「Z」並んでますね~。
    「Z」はやっぱりこのカタチですね~。(^_^ゞ
    小学生の頃かな、
    近所に住む親戚のおじさんが乗ってて、
    当時も憧れの眼差しで見てました。

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。
    正に元祖というか、一番Zらしいスタイルですよね。
    発売当時80万円台という、スポーツカーとしてはかなり安い価格だったようです。
    まあ、今とは給与水準が違いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です