アトリエ日記 59


「アトリエ日記 58」の続き。幹に入り口と階段、扉を開ける女の子などを追加。
こちらが元絵というかラフだ。


木の枝に動物たちを描くためホワイトで下塗り。樹の葉や草地のディテールも描き加える。扉の中には店員の動物のシルエットも。


木の枝の動物たちを描き込む。時計、看板、照明、扉や階段周りの細部を仕上げていく。空には大きな細い月を描いた。


空に星、草地に花を追加する。背景の森の際には靄が流れ、こちらを見ている動物たちのシルエットが見える。
「森の時間旅行社」完成。
A2判(420×594mm)イラストレーションボードに石州水滴紙貼り合わせ/アクリル絵の具

次回(別の作品)に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です