諏訪大社下社春宮 3


「諏訪大社下社春宮 2」の続き。拝殿前で手を合わせる親子。
左右の御神紋の付いた幕の奥の右が昨年の御柱祭の際に建て替えられた新しい神殿。左がその前の御柱の年に建てられた神殿。


重厚な拝殿の屋根と見事な彫り物。飾金物の黄金が眩しい。


鳥居の内側から参道を見る。現在では生活道路となっているこの道路は、かつては春宮の専用道路で、武士達が流鏑馬を競った馬場でもあったらしい。
中央の屋根のある橋は下馬橋で、下社で最古の建築物。神様以外は渡れないそうで、遷座祭の神輿はこの橋を渡る。

諏訪大社下社春宮のシリーズはこれで終わる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です