旧立場川橋梁廃線跡 2


前回の続きです。
望遠では、橋の反対側の鉄柵がはっきり見えます。


歩いてきた築堤上。2018年に来たときより風化が進んでいます。


架線柱の支持ワイヤーを固定していたアンカー金具が残っています。


保線用梯子などをかけておいたコンクリート柱


旧橋梁の築堤上に居るとき、新橋梁を特急あずさが通過しました。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です