乙女築堤のハイブリッド列車


小諸を発車した小海線がしなの鉄道と別れて大きくカーブする所。


乙女駅のすぐ近くで、昔から乙女築堤、乙女の大カーブと呼ばれています。


後ろを、ちょうどしなの鉄道の電車が通りました。


勾配は20‰の上りですが、ハイブリッド車両は排煙もありません。


軽快な轍の音と小さなモーター音が近づいてきます。

しなの鉄道と分かれる乙女のカーブは、中央線と分かれる小淵沢の大曲りと比較されることもあります。
周辺環境がだいぶ違うので、鉄道風景を撮るには小淵沢に軍配が上がりますが、ここの良いところは、大きなカーブの後に小さなS字があることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です