運転士


乗務が済んだ小海線の運転士が歩いていきます。


ちょうど中央線の上り特急あずさの発車時間です。


一瞬立ち止まってあずさを見送っているように見えました。


年配の運転士なので、以前は特急に乗っていたこともあるのかもしれません。


通路のロックを外して事務所へ向かっていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です