旧国鉄篠ノ井線廃線敷遊歩道 2


「旧国鉄篠ノ井線廃線敷遊歩道 1」の続きです。
踏切のあるところから反対側に進みます。


途中にこんな案内板がありました。小さなレンガ橋ですが、今回は行きませんでした。


漆久保隧道の西側入り口です。全長53mと短いので内部照明はありませんが十分歩けます。


前面のレンガです。表面が傷んで剥落した部分は赤レンガの色が出ています。


入口近くのトンネル上面です。やはり傷んで剥落した部分が赤く目立ちます。
路面にもレンガの剥落片が落ちていますが、通行規制などはされていません。

「旧国鉄篠ノ井線廃線遊歩道全体図」
「今回歩いた部分図」今回はAから漆久保隧道まで歩きました。
次回は漆久保隧道の内部をご覧いただき、Cに向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です