S字のあずさ


S字の向こうからE353が顔を出しました。
これはスーパーあずさではなく、9両編成のあずさの方です。


ここは間に直線がなく、反対方向のカーブが直に接続しているため、列車の右から左への傾き方がすばやく切り替わります。


以前走っていた振り子式のE351ほど激しくはありませんが、結構迫力のある走りを見せてくれるポイントです。

ただし、ここも線路際に動物避けの柵ができてしまったので、以前に比べて大変撮影しにくくなってしまいました。
残念なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です