610Rを走るE353


前回のE351と同じカーブのE353です。
同じと言っても、下りと上りで線路は違いますけれど。


半径610mというのは、上りか下りか中間なのか・・どうなのでしょうね。


ただ、どちらにしてもカーブの外側より内側の方が半径が小さいのは当然でしょう。


それでもE353の方が車体の傾きが小さく見えるのはわかると思います。


最大傾斜角度で、E353の方が1.5度傾きが小さいそうですが、制御方法が違うので、半径と速度による傾きの度合いは違いがあるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です