中央線須原駅


中央線の須原(すはら)駅です。
昔ながらのいい感じの駅舎です。


1909(明治42)年開業の駅で、現在は簡易委託駅となり、日中は窓口で切符の販売をしています。


この改札所を始め、古い地方国鉄駅の特徴が残っています。


駅舎より一段高い所に線路があり、階段を上がってから、更に跨線橋があります。


昔は跨線橋がなく、構内踏切があったのでしょう。現在の半分くらいの高さのホームの跡がわかります。


島式1面2線のホームを持ち、留置線が複数あります。


ホームはやや幅が広めで、W型(逆ガル型)の屋根があります。


駅名は「すばら」ではなく「すはら」です。

次は大桑駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です