無言館 2


「無言館 1」の続き。
第二展示館「傷ついた画布のドーム」と右の部分が「オリーヴの読書館」


第二展示館前のモニュメント。画学生たちの使っていた筆が埋め込まれ、裏側にメッセージが掘られている。


オリーヴの読書館の内部。美術館内は撮影できないので、この部分だけ撮らせていただいた。

芸術家とは戦争や軍隊とは相容れない存在で、増して純粋にその道を志していた若き画学生たちにとって、それは耐えがたい苦痛であり、無念の死であったと思います。
彼らは敵に殺される前に自分の国家によって殺されていたのだ。

ホームページはこちら→「無言館」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。