大日影トンネル遊歩道


何年か前に閉鎖されたままの廃トンネルを利用した遊歩道だ。
中央線勝沼ぶどう郷駅至近の、線形改良に伴う廃線跡のトンネルだ。


ここは笹子隧道から甲府盆地への下り急勾配上にある。現在のトンネルがすぐ横にあり、こちらは毎日列車が走っている。


老朽化のため、内部の煉瓦壁が崩落の危険があるとのことで閉鎖されたのだが、老朽化など最初から分かっていたことで、修復の考えもなく遊歩道化したとすれば大変お粗末な先見性の無さだ。
閉鎖から既に6年が過ぎているが、このままではせっかく経産省に認定された産業近代化遺産が無意味になる。
そろそろきちんと予算取りをして対策工事をしないと、更に修復が難しくなってしまうだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。