北中込駅から歩いて 11


佐久平駅のロータリーです。
正面の「プラザ佐久」は駅の建物と一体の商業施設です。


歩道を歩いていくと、路線バスの停留所やタクシー乗り場があります。


佐久平駅蓼科口の入り口です。駅前のスペースはかなり広くなっています。


小海線への通路です。新幹線からは一旦改札を出て連絡するようになっています。


高架の小海線ホームから眼下に新幹線の地平ホームが見えます。
当初JRでは新幹線のみの駅で、小海線の駅は設置しない計画だったそうです。
そのため地元自治体がホーム建設費を負担する「請願駅」として小海線の駅施設が作られました。

「北中込駅から歩いて」のシリーズは今回で終わります。
この佐久平駅をスタート地とする新シリーズがまもなく始まる予定です。

2 Replies to “北中込駅から歩いて 11”

  1. こんばんは。

    佐久平駅が出来て、もう20年。
    今さらですが、
    まさか、おらが村を新幹線が走るなんて。(^_^;)

    小海線ホームが「請願駅」だったとは
    知りませんでした。
    新幹線と小海線を乗り継ぎ利用する人がどの程度いるのか分かりませんが、
    小海線ホームが無かったらやっぱり変ですね。

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。
    請願駅で、小海線の部分の建設費用は佐久市が出したのだそうです。
    佐久市にしてみれば、初期費用はかかってもここに新幹線との乗換駅ができたのは、今となってみれば十二分に見返りがあったことでしょう。
    もちろんJRにしても、ただ新幹線が通るだけより、小海線に乗り換えできることで小海線の利用者は増えたはずで、しかも費用は佐久市持ちだったわけですから・・まあ、うまくやったなってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です