三代校舎の桜 2018


北杜市須玉町にある三代校舎の桜です。
明治、大正、昭和の三世代の校舎が並んでいます。


これは旧津金学校と呼ばれる、明治時代の擬洋風建築(藤村式)の校舎で、中は資料館になっています。


こちらは、隣りにある大正時代の校舎です。公民館や体験教室などに利用されています。


一番左にあるのが昭和の校舎で、内部は売店、食堂、イタリアンレストランなどになっています。


校庭の南側にある道路沿いの桜です。
全体的に、満開直前という感じでしたが、十分に見頃と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です