高岩から歩いて・10


「高岩から歩いて・9」の続きです。
これは古い味噌屋さんの建物。昔のショーウインドウですね。


入口の看板がいい感じですね。他にも「電話一五番」など、時代を感じさせる表示も。


疎水の流れる通り沿いに、このような古い家並みが続いている一角です。


味噌蔵の板戸のすぐ前に、疎水を利用した洗い場が設けられていました。


疎水に軒を差し出すような姿の建物は、古の雰囲気を残しています。この通りは何度訪れてもいい感じです。

続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です