飯田線桜町駅


飯田線の桜町(さくらまち)駅です。
いい感じの古い駅舎があります。


公道の踏切のすぐ脇にホームがありますが、駅舎を通らずに直接の出入りはできません。


駅舎は広いですが、待合所としてのベンチがあるだけで、現在は無人駅となっています。


単式ホーム1面1線だけの小さな駅ですが、やや大きめの古い上屋があり、良い雰囲気を出しています。


古レールなどを使わない木造の上屋は、駅舎側の方が屋根の流れが広くなっていて珍しい形です。


1923(大正12)年に伊那電気鉄道の桜町停留場として開業しました。
1947(昭和22)年の飯田大火で焼失し、現在の駅舎はその後再建されたものです。
1日の乗客数は100人ほどです。

次は飯田駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です