飯田線下平駅


飯田線の下平(しもだいら)駅です。
狭い道路の踏切脇にある小さな無人駅です。


ホームへの階段もこんな感じで、まるで作りかけのような印象を与える駅です。


単式ホームに小さな待合所があるだけです。
道路工事などで、周辺全体も何だか作りかけのような感じです。


ホームの左側に屋根付きの駐輪場と、ホームへのスロープがありますが、駐車スペースはほぼありません。


1923(大正12)年に伊那電気鉄道の停留場として開業しました。
周辺は大型商業施設が増えているようです。
駅へのアクセス道路を拡幅して、駅と駅前を整備すれば利用者が増える要素はありそうです。

次は市田駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です