飯田線伊那本郷駅


飯田線の伊那本郷(いなほんごう)駅です。
現代的な新しい駅舎です。


丸窓の所が待合所で、スロープも完備しています。
待合所だけの駅舎なので、通り抜けるだけです。


駅舎の方が一段低いところにあり、階段(正面)かスロープ(両サイド)でホームに上がります。


上り線と下り線のホームは一般公道の踏切で連絡します。また、下りホームには階段のみでスロープがありません。


相対式1面2線の線路配置で側線などはありません。下りホームには小さな待合所があるだけです。


1918(大正7)年に伊那電車軌道の駅として開業しました。

この駅は主要道路からかなり入ったところにあり、駅を見つけるのが大変でした。
もう一つ先の七久保駅の方が先に見つかり、それを頼りに探しました。
今回の飯田線の撮影で道に迷ったのはここだけです。

次は七久保駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です