原中学校卒業生のブロンズ作品 1


原村の八ヶ岳美術館横の森の中に多数のブロンズ作品が並んでいる。
これは「キックオフ」と名付けられている。


原村立原中学校の卒業生が毎年1点を卒業記念に制作している作品群だ。これは「未知」という作品。


こちらは人物像で「見上げる」。
中学生が作ったとは思えない作品が多い。


「一秒」と名付けられた抽象作品。
具象も抽象もあり、どちらも結構いい線いっていると思う。


「飛翔」。
翼のある、鳥か動物か、あるいは機械かもしれない。

先生方の指導も流石だと思うが、素晴らしい感性の作品が多くて将来が楽しみになる。
次回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です