縄文展 6


「縄文展 5」の続き。
今回は特に変わった文様の土器と、その表面拡大写真とのコラボ展示。


縄文土器と言うより、古代南米の謎の帝国の遺跡のようだと思わない?


これは流水文様だと思うが、すごいこだわりようだと思う。
あの岡本太郎画伯が縄文土器の芸術性を高く評価しているが、正に爆発的なパワーを感じる。

縄文展のシリーズは今回で終了する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です