棒線駅となった甲斐小泉駅


元の下り線の線路が撤去されてしまった甲斐小泉駅です。
ホームは残っていますが、ポイントや構内踏切はすでに撤去されています。


構内踏切があったところの階段は残っていますが、柵で遮断され、踏切の渡り板も撤去済みでした。


大泉側のホームの端はこのようにせり出し加工してあります。Y字ポイントを撤去して、線路のカーブをゆるく修正したので、今までよりホームから離れてしまったためです。
今までは駅構内の両端にあった信号機も無くなって、とても寂しくなってしまいましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です