矢出踏切通過


野辺山駅を発車した上り列車が最初に通過する踏切です。


列車はキハE200系ハイブリッド列車。小淵沢行き普通列車です。


エンジン音がしないし、排気も出ていないようです。

2007年にハイブリッド列車として世界初の営業運転を小海線で開始してデータを収集、HB-E210系、HB-E300系という新型車両も製造されました。
しかし、それらの新型車両は小海線には配属されず、小海線では当初からのキハE200系3両のみの状態が15年になろうとしています。
そろそろ小海線にも新型車両が増備されても良いと思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です