気ままに小諸 20


「気ままに小諸 19」の続きです。
古くからある旅館ですが、建物は鉄筋のビルで1階部分のみ蔵造り風に仕上げています。


改修中の商業ビルです。白壁瓦屋根風に仕上げるなど、旧宿場町の雰囲気作りを考えた改修工事のようです。


まさに昭和そのものの理容店。旧宿場という感じではないですが、これはこれで残してほしいですね。
ドアがシャレオツ。

次会に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です