身延線の普通列車


甲府から中央線と並走していた身延線が、中央線と分かれる所です。


ぶどう棚に覆われた丘を背に、大きくカーブしてきます。


撮影場所は善光寺駅。車両はJR東海の313系、2両編成のワンマン運行です。

313系はトンネルが小さい身延線を基準に設計され、JR東海の全ての電化区間を走れる「標準タイプ」として500両以上が製造されました。
性能も良いしスタイルも悪くはないのですが、何処へ行っても目にするため、面白みのない電車とも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です