気ままに小諸 2


「気ままに小諸 1」の続きです。
大手門公園の前にある民家(元は商家でしょう)です。立派な蔵屋敷です。


二階の雨戸や戸袋は銅板貼りの凝った作りで、特に亀甲状の戸袋はあまり見られないものだと思います。


横へ回ると、黒塗りの母屋に門。それに土蔵が二棟続くという大きな屋敷です。
由来は知りませんが、この地域の豪商だったのではないでしょうか。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です