EH200試作機


高速石油列車が信濃境駅を通過します。
牽引機はおなじみのEH200ですが、BlueTunderのロゴがありません。


この901号機は量産が始まる前の試作機で、量産機とは少し仕様が違っています。


外観上はこのロゴがないこととか、窓まわりに多少違いがありますが、ロゴ以外は特に趣味のある人しか気付かないでしょう。
現在は量産機と一緒に中央線の貨物用機関車として運用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です