小海線湯川橋梁


佐久海ノ口駅ー海尻駅間にある湯川に架かる鉄橋です。


小海線では、鉄板製の桁橋がほとんどでトラス橋は珍しいです。


この鉄橋を桁橋で作ったら、途中に橋脚が必要だったことでしょう。


このトラス橋は「ワーレントラス」と呼ばれる構造です。


垂直材がないのが特徴で、交互に配置された斜材が連続するシンプルで美しい橋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です