初夏の貨物列車


すずらんの里駅付近を走る高速石油列車だ。


EH200が14両のタキ1000を牽引する。この編成全体がワンショットで収まる場所は貴重だ。


空返とはいえ、上り20‰の築堤を軽々と走り抜けていく。
※ 空返:空車返送の略。長野県の石油基地にガソリンを下ろした空のタンク車を根岸などの石油基地に返送すること。

“初夏の貨物列車” への2件の返信

  1. こんにちは。
    梅雨入りしまたね。
    雨はあまり降っていませんが、
    雲の多い日が続いてます。
    こういう景色を見ると、
    気分がスカッとしますね!

    どこから向かうにも、
    峠を越えなければならない長野県…。
    輸送費の分だけ、
    どこよりもガソリン代が10円高い。
    って、昔からよく聞きます。

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。
    確かに梅雨の割には今のところ雨が多くないですね。
    まあ、ぱっと晴れてはくれないみたいですけど。(笑

    長野県はたしかにガソリン高いです。
    私も含めて山梨の人は長野に行く前にガソリン満タンにして行くし、長野の人は山梨に来てからガソリン入れるらしいです。
    もっとも、東京に比べれば山梨も高いですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。