ぶらり松本 9


「ぶらり松本 8」の続き。
いかにも昭和という名前の店だ。手前の年配男性も興味津々で立ち止まっていた。


居酒屋と言ってしまえばそれまでだが「ひもの」を焼いて食わせる店。看板と提灯の魚のデザインがいい感じだ。


もつ焼き・もつ煮込みの店。店の前に舞台のような板張りがあって酒のケースが椅子代わりに並んでいる。開店するときにはケースに蓋をするようにクッションが乗るのだろう。

次回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です