「中央線」カテゴリーアーカイブ

中央線立川駅

05012701急用で東京まで行って来ました。
写真は午後5時40分頃の中央線立川駅のホームです。時刻のせいか、立川という場所のせいか、思っていたほど人は多くないですね。

当然昨日の「小海線のディーゼル列車」とは全く違いますが、やはり「駅」というのは何となくドラマがありそうな雰囲気があります。

続きを読む 中央線立川駅

小淵沢駅100周年記念駅弁

040915鉄道の旅の楽しみは駅弁という方は今でも多いと思います。
明治37年(1904年)12月に開業した中央線小淵沢駅は今年100周年を迎え、駅弁でお馴染みの株式会社丸政から「小淵沢駅開業百周年記念弁当」として「鳥釜めし」が12月までの期間限定で発売されています。

内容は、だしが効いた茶飯の上に鶏肉、野沢菜の炒め物、わらびの煮物、栗、椎茸、竹の子の煮物、山ゴボウが載せられています。椎茸の黒い傘に金箔の「祝」の文字が鮮やかです。金箔などと言うと奇をてらったように感じるかも知れませんが、そんな事はなく如何にも山里の駅弁にふさわしく素朴で親しみの持てる味でした。一般に駅弁の鶏肉はフニャフニャした物が多いですが、この弁当の鶏はしっかりした肉質で味も良いです。焼き物のお釜に入って値段は1,000円(消費税込み)です。

続きを読む 小淵沢駅100周年記念駅弁

クイズ・その2の正解発表

04082623日の「クイズ・その2」の正解は「スイッチバックの線路があったから」です。

スイッチバックには大きく分けて2種類あります。説明図をご覧ください。
長坂の場合は停車さえしなければスイッチバックの必要は無かったので、下段のJR式(仮称)のスイッチバックです。

次に線路配置図を見てください。
スイッチバックに入る列車は A から B へ入って一旦停車します。バックで C へ向かい停車する所が昔の長坂駅です。今の駅前広場あたりがホームで、改善センターや役場があるあたりは貨物の積み卸しなどをしていた場所だと思います。当然ですが、線路はどちらも水平になっています。
一方、長坂から小淵沢へ向かう線路は上り勾配なので、鳥久保踏切のある D 地点では大分高くなっています。また、複線化され小淵沢から来る線路はかなりの下り勾配ですが、いきなり E 地点で B の高さまで下げてしまう訳にはいきません。また、線路の工事中もスイッチバックを使う列車はありますから、そのために引き込み線を避ける必要があり上り下りの線路の間隔が広く空いた訳です。
その後、低かった B 地点は埋め戻されて今のようになりました。

続きを読む クイズ・その2の正解発表

クイズ・その2

040823長坂町内のJR中央線の踏切を渡りながら撮った写真です。
方向は小淵沢方面。右の線路が上り線で、左の線路が下り線です。踏切内に車が3台くらい縦列駐車できそうな長い踏切です。
問題は「どうして上り線と下り線の間がこんなに開いているのか」です。その理由をお答えください。

この前のクイズより簡単だと思います。正解者が複数の場合は抽選で1名様に賞品を差し上げます。
締め切りは、8月26日の正午までとさせていただきます。