下諏訪歩き 6


「下諏訪歩き 5」の続きです。
前回の地図の国道142号の交差点のところです。奥に見える大きな瓦屋根が来迎寺です。


ここから旧下諏訪宿内の道はちょっと急な下り坂になります。


変わったデザインの暖簾だと思ったら、デザイン事務所でしょうかね?


こちらは、旧宿場らしい細格子の古い建物を生かした喫茶店のようです。


普通は土蔵の妻面にある鏝絵ですが、ここは側面にあります。
道を通る人に見せようと考えてのことでしょう。
この鏝絵のデザインは、諏訪大社上社前宮の近くで同じものを見たことがあります。
多分同じ作者(修復復元)の仕事でしょう。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です