塩崎歩き 7


「塩崎歩き 6」の続きです。
前回の門のある屋敷前から街道を振り返ると、向かい側の蔵が見えます。


元の道へ戻って西に進むとすぐにバス停があります。素朴な待合所がいい感じですね。


待合所の向かい側には蔵があって、バス停の標識が立っていました。


バス停の西側は畑があって富士山が見えます。


ここにも総なまこ壁の蔵があります。この蔵は表の通りからは見えませんが、前回の大きな屋敷の敷地のようです。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です