井戸尻史跡公園


縄文時代中期の遺跡で国の史跡に指定されています。


復元された竪穴式住居は一棟ですが、住居跡はいくつもあります。


遺跡の周囲に蓮田などが作られ、いい感じの農村景観を作っています。


撮影時には赤蕎麦の花が咲いていました。


全体がなだらかな傾斜地で、一番上のところに井戸尻考古館と歴史民俗資料館(右)があります。
考古館の縄文式土器は見事で、特に「水煙渦巻文深鉢」と「四方神面文深鉢」は一見をおすすめします。
詳しくはホームページを→「井戸尻考古館」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です