秋の大曲りを


ハイブリッド列車が登ってきます。





2007年に運用を開始して依頼、すでに13年が経過しています。
世界で初めて営業運転を開始したハイブリッド列車として、またそれを運行する路線として、キハE200と小海線は知られました。
その後いくつかの形式が登場したハイブリッド列車ですが、小海線にはこのキハE200の最初の3両だけで、その後の増車はありません。
そろそろ新しい車両が入ってきても良さそうなものだと思うのですが・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です