八千穂ちょっと歩き 2


「八千穂ちょっと歩き 1」の続きです。
奥村土牛画伯の美術館があります。


地元の名家である黒澤一族の迎賓館と呼ばれた建物で、戦後の一時期に画伯がこの建物の離れに滞在していたそうです。


この辺は古い集落で、今も立派な土蔵などが残る地域です。


この土蔵はお店に改装されています。丸にトの紋は黒澤一族のものです。


ご覧のように黒瓦の屋敷と土蔵が続く道筋です。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です