乙女駅から歩いて 3


「乙女駅から歩いて 2」の続きです。
住宅地の中にちょっとした空き地があって小さな山がありました。


「唐松古墳群三号墳」とあります。佐久地方では、通常の古墳時代より後の8世紀頃まで築造されていたとのことです。


少しの間住宅地が続きますが、この先あたりでしなの鉄道と小海線の線路際に出るはずです。


しなの鉄道の線路際に出ました。小海線の線路は小さな土手の向こう側になっていて見えません。


線路際の藪さえなかったら良い撮影ポイントになると思います。こういう残念な場所が結構多いんですよね。

次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です