美里駅から歩いて 7


「美里駅から歩いて 6」の続きです。
ここは昔、国道141号だった道路です。


この道はここで小海線を離れてしまうので、左の細い道路へ入ります。


暫く行くと踏切があります。踏切を渡って斜め右に歩きます。


踏切から北方向を見たところです。小海線は大きくカーブして左へ向かいます。


ここから小海線はしなの鉄道(旧信越線)と並んで西へ向かいます。旧141号は直進してこの陸橋を渡ります。

次回に続きます。

2 Replies to “美里駅から歩いて 7”

  1. こんばんは。

    4番目の写真のカーブ
    たまらんすね!(笑)
    小淵沢の大曲りに続く、
    かっこええカーブですね!
    と、勝手に思ってます。(笑)

    知りませんでした。
    佐久市~小諸市をつなぐメインストリートが
    今、141号線じゃないなんて。
    新しい幹線道路が出来ると、名前が持っていかれるのですね…。

    はるか昔ですが、
    実家の前の方を通る
    岩村田~望月をつなぐ道は、
    確か、142号線だったのですが、
    いつの間にか、中込~望月をつなぐ大きな通りに
    名前を持っていかれました。

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。

    SLの走っていた昔から乙女のカーブと呼んでいました。
    曲がり具合がとてもいい感じなんですよね。

    国道141号だったこの道路、今は長野県道137号です。
    国道のバイパスが出来てメインルートが変わると、大抵は県道に格下げされてしまうんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です