小諸駅の油庫


小諸駅にある小さなレンガ倉庫です。



小諸駅が開業した1888(明治21)年当時、客車内の照明や信号機もランプでした。


その燃料の灯油や、ポイントの潤滑油などを保管しておくための倉庫が油庫(あぶらこ)です。


引火を防ぐためにレンガを使ったと言われ、大きさの割に壁の厚さがあります。


説明板によると、この油庫は明治42年の建築です。
当時は、駅に列車が入ると人足が屋根に登って、屋根の上からはめ込み式になっているランプに給油をしたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です