篠ノ井線稲荷山駅


松本駅から下り列車で八つ目の稲荷山(いなりやま)駅です。
駅舎は2階建てですが、2階部分はどうなっているか不明。飾りかも知れません。


長野駅管理の簡易委託駅。POS端末が設置され、6:30〜15:30の間は窓口で乗車券を販売しています。


相対式ホーム2面2線で、跨線橋で連絡されています。ホームは駅舎より少し高い位置にあります。


ホーム側面のレンガ部分が開業当初のホームの高さですから、当時は駅舎から平面で入れたわけです。


かつては善光寺西街道最大の宿場として栄えた稲荷山宿が2kmほどのところにありますが、住民に鉄道反対運動があり、駅を隣村に作らせたとのこと。それが災いして、その後の稲荷山宿は衰退してしまったとか。

次は篠ノ井駅ですが、現在まだ取材撮影が済んでいないので、しばらくお時間をいただきます。

2 Replies to “篠ノ井線稲荷山駅”

  1. こんばんは。
    台風15号、ヤバいです…。

    この駅舎の外観は
    お蕎麦屋さんにしか、見えませんね!(笑)

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。

    15号ね〜どうなんですかね〜
    今の所は気配もありませんけどね〜

    実は「稲荷山蕎麦」って言われても信じちゃいますよね。(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です