篠ノ井線坂北駅 2


「篠ノ井線坂北駅 1」の続きです。
単式ホームの上り側の端です。信号機のところで単線になります。


同じ場所で振り返ったところです。左から1番線(下り)、2番線(上り)で、島式ホームの右側に3番線(予備)があります。


ちょうど特急しなの(当駅は通過)が入ってきました。ちょうど列車がいる辺りが単線からポイントで場内3線に変わるところです。


この駅舎は古い時代の国鉄地方駅の雰囲気をよく残しています。制服姿の駅長さんが出てきても不思議はありませんね。


この駅は特急通過駅ですが、上下の特急しなのがすれ違うために運転停車をすることがあります。

次は聖高原駅です。

2 Replies to “篠ノ井線坂北駅 2”

  1. 坂北駅 いい感じですね。
    土曜日、塩尻に行ったら「塩尻大門から中央西線への連絡線」に
    257系あずさが留置されていました。
    12日夕方の臨時あずさに運用されるのかな?
    お盆休みですが、松本市内の観光客は少ないようです。
    お城天守までの待ち時間は60分程度でした。

  2. ワラビーさん、いらっしゃい。
    塩尻の東西連絡線ですか。
    直通列車がないから丁度良い留置線になってますね。(笑

    351系は完全に無くなってしまったけど、257系は流動輸送用に残っているようですね。
    しばらく前に千葉の方の257系が来ましたけど、あれは黄色い包被りをした泥棒みたいでかっこ悪かったです。
    やはり中央線は今までの257系がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です