昼下がり


小海線の普通列車が走ってきます。


早春の日差しの中を。


コトンコトンと轍を刻み。


ゆるい下り坂をゆっくりと。


鉄橋を渡る大きな音に驚いたのは列車自身だったかもしれません。

小海線としては珍しいカーブした鉄橋「第二千曲川橋梁」を渡ると、間もなく佐久広瀬駅に到着です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です