諏訪大社上社本宮 1


お馴染みの諏訪大社を順にご紹介。今回は上社本宮です。
北、東、西とある参道で一番広い北参道の大鳥居です。


鳥居を入ってすぐの所に狛犬がいます。これは右側の阿形の狛犬です。


左側の吽形の狛犬。どちらも下社春宮の狛犬とよく似ています。


普通の水の手水舎の他に御神湯の手水があります。龍ではなく獅子の口からお湯が流れています。


これから内部のご紹介ですが、上社本宮はちょっと不思議な建物の配置で、独特の参拝方法があります。
上の配置図を見てください。
普通なら鳥居をくぐって真っ直ぐに進み、神楽殿、幣拝殿と並び、その奥に宝殿があるのですが、本宮の場合はどちらの参道から入っても先ず東参道へ行き、入口門から布橋と呼ばれる長い渡り廊下のようなところを通って参拝所へ向かいます。

そういうわけで次回「諏訪大社上社本宮 2」は東参道からのご紹介です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です