丸窓電車 1


「丸窓電車」としておなじみの上田電鉄モハ5252です。
戸袋部分の窓が丸いのが特徴で、そう呼ばれています。


形式はモハ5250型で、その2号機です。上田温泉電軌が1928年に新造した電車です。


新造当時の形式はデナ200形で、15m級3扉両運転台の丸屋根半鋼製車です。


新造以来、他薦に移動することなく別所線を走り続けていました。
1986年、別所線の1,500V昇圧(それ以前は750V)と同時に運用を終了し、別所温泉駅で保存展示されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です