南アルプスを見上げて


南アルプスに向かって列車が走ります。
ここは中央線塩川橋梁です。


列車は下り特急スーパーあずさ15号。
E353系の12両編成です。


南アルプスが迫り、ぐっと高く見えるところ・・この辺りから周辺は韮崎市の市街地が始まります。


今までほぼ西に進んでいた列車が、このカーブから北へと向きを変えていきます。


カーブを曲がると車窓からも地蔵岳のオベリスクが見え、更に右に視線を移すと甲斐駒も迫り、山好きの人には嬉しい車窓風景となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です