別所温泉駅


おなじみの上田電鉄別所温泉駅です。
1921(大正10)年開業、1950(昭和25)年改築以来、現在までこの外観を維持しています。


古い観光地(温泉地)の雰囲気を残した、味わいのある駅舎です。JRではありえないデザインですよね。


玄関ポーチの上部には、上田丸子電鉄時代の社紋が取り付けられたまま残されています。


駅舎内は白壁と水色のペンキ塗り木部が組み合わされたレトロモダンな雰囲気で、別所温泉観光協会が窓口業務を受託しています。


これは玄関ポーチ下の電飾入り駅名板です。
かなり古そうですが、駅舎全体と一緒にこのまま残してほしいですね。

この別所温泉駅は「上田電鉄別所温泉駅」など、くまぶろでは何回かご紹介しています。
そちらもどうぞご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です