棒線駅 15 乙女駅


小海線で15駅目の棒線駅。乙女(おとめ)駅です。
北に向かっていた小海線が西に大きく向きを変えてしなの鉄道と合流する地点です。


道路橋直下の駅で、長い階段が入り口になります。少し先に行って左から回り込むとスロープの入り口もあります。


ホームの小諸方向に隣接の乙女湖公園への臨時通路もありますが、普段は閉鎖されているようです。
清里ブームの頃は「清里ー乙女」と印刷された切符に人気がありました。

次は小海線最後の棒線駅、東小諸駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です