初冬の八ヶ岳を背に


雪を頂いた八ヶ岳の下に電気機関車が顔を出しました。


EH200の牽引する高速石油列車です。


時速95kmという貨物列車としてはかなりの速度で走り抜けて行きます。

牽引される貨車は全てタキ1000型というJR貨物発足後の新しいタンク車です。(国鉄時代にもタキ1000はありましたが別形式です)
それまでのタンク車は時速75kmまでの性能しかなかったので、この新製タキ1000によって、初めて高速石油列車が運行可能になったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です