棒線駅 13 中佐都駅


小海線で13駅目の棒線駅。中佐都(なかさと)駅です。
農地と宅地の入り交じる中にポツンとある小さな駅です。


列車は高速道路の下を通ってから、急勾配で一気に佐久平駅まで上ります。佐久平駅前のホテルの建物が見えますね。


元は一面の田園風景の中の駅でしたが、高速道路や新幹線ができてから、住宅がずいぶん増えました。


ホームは両側に踏切があり、スロープで待合所のところまで来てからホームに入れるようになっています。

次は美里駅です。

2 Replies to “棒線駅 13 中佐都駅”

  1. こんばんは。
    中佐都駅にいらっしゃいませ~
    なんて言いながら、もう中佐都駅を離れて
    30年……(^_^ゞ
    駅の周りに家が数軒でしたが、本当に増えましたね。
    特に駅北側に増えましたね。

    小学生の頃、月に1回だったかな?
    地区の活動で、中佐都駅の清掃活動がありました。
    今のではなく、その前にあった待合室
    (なんて呼べるような建物ではありませんでしたけどね)
    の椅子を雑巾掛けしてたり、
    ホームのゴミ拾いなんかしたような記憶が。

    今でも清掃活動はやってるのかな。

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。
    たしかに以前と比べて宅地化は進んでいますね。
    新幹線が来る前は、今の佐久平駅の周辺まで一面の田園地帯でしたからね。

    駅の清掃を今も小学生がやっているのかは知らないですが、駅にはゴミもなく、きれいでしたから、多分続いているのではと思います。

コメントは受け付けていません。