雷鳥の里


信州土産手しては定番中の定番「雷鳥の里」です。


昭和40年台から販売され続けていて、今も結構な人気があります。

ウエハースにチョコレートやクリームを挟んだお菓子はたくさんありますが、雷鳥の里はウエハースではないのです。
ゴーフルともちょっと違いますね・・「鉱泉せんべい」と言ったほうが近いと思います。
それにホワイトチョコレートがサンドされている、どちらかと言うとしっかりした硬さのあるお菓子です。
信州と言っても北アルプス方面がメインのお土産なので、私自身は一度しか買った記憶がありませんが、たまにお土産としていただくと嬉しい品の一つです。

「雷鳥の里」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    曇天続きでしたが、
    今日は朝から快晴です。(^-^)v

    雷鳥の里ですね。
    美味しいですよね~。
    かなり前から売ってたのですね。

    たま~に、お土産として買ってくこともあります。
    長野に帰省したので……。
    なんて言っても、全然違う場所のお土産ですが。(笑)
    まぁ、同じ長野県内ということで……

    長野のどの辺なんですか?
    と、聞かれて、
    「佐久」という地名や位置を知っている人もいますが、
    よく「軽井沢の近くです。」
    な~んて答えたりして。(^^ゞ

  2. くまごろーさん、いらっしゃい。
    軽井沢の近く・・確かに。(笑

    雷鳥の里は、山梨の信玄餅に似た境遇ですね。
    有名で味もいいから、どこかへ行くときはお土産に買っていくけど、自分はあまり食べる機会がない。
    そんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です